姉さん

日本は陽気がよくなりました。元気にしていますか?そちらはどうですか。

知らせるのが遅れたけど、僕は大学院を出て社会人になりました。
とはいえ就活はことごとく失敗、企業人にはなれませんでした。
それでは何を?と思うでしょう。
何だと思いますか?
なんと、この僕がバーテンダーをしています。

姉さんの驚く顔が目に見えるようです。
近くにいたら反対されたでしょうか。
確かに、大学院を出た知識を生かして働く場ではなさそうです。
けれど、いろいろな人に出会い接する中で、僕が生きてきた道筋で得たものは全てが役に立っている気がするのです。
それに、なにより、よい人々に囲まれて僕は毎日を楽しいと感じています。

バーテンダーのちょっと派手なベストも、もう平気で着こなせます。
毎日着ているワイシャツは1万円もするんですよ。
黒い革靴を毎日ピカピカに磨いて、髪型も変えました。
お客様がみえると、僕がいの一番に「いらっしゃいませ!」と言うのです。
どうですか?見てみたくなったでしょう。

今日は休店。
オーナーが用事でどこか遠くへでかけているからです。
桜はとっくに散ったけれど、梅雨にはまだ間があって、今日の僕は半袖です。
空が青くて、空気が乾いていて、本当にいい天気。
なんだか満たされた気分で目が覚めて、ふと、姉さんに手紙を書こうと思い立ちました。
僕がいま、元気で楽しく暮らしていることを伝えたかった。

そうだ。
もう去年のことだけど、母さんの七回忌に帰ってきてくれてありがとう。
本音を言えば、無理だと思っていたから、姉さんが現れたときは嬉しいというよりホッとした。
母さんも、やっぱり嬉しかったろうと思います。

きっと心配していると思うけど、病院には定期的にきちんと通っています。
経過は良好ですから、ご心配なく。
ごはんもちゃんと食べているし、 不都合なことは何もありません。

それにしても、やっぱりグァテマラは遠い。
しかも、ケータイも電話も通じないなんて、本当にそこは地球か?
いくらコーヒーが大好きで、コーヒー農場で働いてみたいからって、何もそんなに不便なところを選ばなくてもよかったのに。
僕は筆不精ではないつもりだけれど、手紙しか通じないとなると、やっぱりたまにしか書けない。
たった二人になった家族なのに、まったく、ひどいよ!
時々姉さんの夢を見るけど、姉さんはいつもちゃんと出てきません。
夢の中でもグァテマラは遠すぎるらしいです。

なんだか自分のことばかり書いてしまいました。
とにかく元気で頑張っているし、給料もそれなりにもらっているから、心配しないでください。
そのうち、姉さんにお小遣いを送ってあげるよ。
楽しみに待っていてください。


追伸
店のオーナーがとてもうまいコーヒーを淹れます。
姉さんの豆をオーナーに淹れてもらって飲んだら、きっと美味いと思います。
今度送ってください。
焙煎は、いつものように浅めにね。

                               穂高
                           穂高って、僕の源氏名です!





人気ブログランキングへ