休日出勤してきた。
平日のリーズナブルな時間内に終わらせられる仕事量ではないのだ。相変わらず4人分働いている。自他共に認めるハードワークだ。

静かな職場に点々と出勤している人たちは、来たり帰ったりしていく。通常の1時間遅れできて、昼ごはん抜きで働いているのは私だけだ。昼を抜いたのは胃腸を休めたかったから。デトックスのため、ときどきこんな日を作る。

敬愛する管理職も休日出勤だ。彼女も終わらないほどの仕事を抱えている。でも、お話しするチャンス!!いろいろ聞いて、話して、ストレスがちょっと減った気がする。しかも、誉められて、励まされて、ご褒美貰って、なんだか嬉しい。

本当なら、ナナやほかのメンバーと相談して進めなくてはいけない仕事がある。けど、相談する気に、もうならないのだ。時間がかかるのに質が落ちる。耐えがたい。迷ったけれど、最低限を分担して、仕上げは一人ですることにした。ひとりですると決めたら、気がかりな人がいない時がいい。

思う存分集中して、自分のペースで進める気楽さ、楽しさは言葉に尽くせない。調べたくなったらとことん調べる。待たせているなどと気にしなくていい。なるほど!と思ったら、理解されるかどうかを気にせずに、すぐに反映させる。また完成度が上がる。

自分は、本当は、仕事が大好きなんだよなと思う。本を読んだり、ドラマを見たり、温泉に入るのと同じか、もしかしたらそれ以上に大好きなんだ。それがちっとも楽しくなくなったのは、人のペースで妥協しながらしているからだと気付いた。

低温・低湿度の風。青空。太陽。大好きな条件がそろった土曜日。おでかけしてハイキングしても楽しかったろう。でも、今日はこれで最高。仕事帰りに思った。
人間、どん底に落ちると、それまで見えなかった自分が見えるものなのかもしれない。





人気ブログランキングへ ←ポチッと応援、お願いします!