体と同じように、心も疲れる。
体と同じように、心も壊れる。
体と同じように、心も…

気が重い出張だった。
予測通りの結末なのに、とてもとても重たかった。急いで職場に戻らなければならないのに、駅前のドトールで一息つかずにはいられなかった。

ホームのベンチでぼんやりしているうちに、電車が来た。回送、急行、次が私が乗りたい各停のはず。3つ目に来た電車に乗り込む。ドアがしまり、ふと前を見ると、明らかに各停電車が止まっている。ありゃ、急行に乗っちゃった

自覚できる以上に疲れている時、体はいろいろなサインでそれを教えてくれる。
電車の乗り間違いだけではない。
頭痛、喉の痛み、鼻水。はいはい、今日は早く帰って早く寝よう。

いつもより2時間早く(といっても、残業の後)帰宅すると、くまさんがAKB総選挙なるものを見ながら洗濯物をたたんでいる。へぇ、こういうのに興味があるのか。私は3人しか見分けがつかないのに、そのうち1人が引退するんだぞ。

第何位!と呼ばれるたびに、かわいい女の子が舞台に出てきて挨拶する。なぜそんなに泣くんだ?しくみを知らないだけに、意味もよくわからない。中には、泣きながら面白いトークをする子もいる。挑発的なのもいる。

その涙が、本当に心からの感謝の涙ならいいね、とふと思う。感謝というのは人から教わっては意味がないものだ。自分から、心の底から湧きおこった時にこそ意味がある。この総選挙の仕掛け人は、きっとそれを熟知しているんだろうな。





人気ブログランキングへ ←ポチッと応援、お願いします!