Hikari地方の朝は、救急車のサイレンで幕を開けました。

見事なアイスバーン。滑るに決まっています。

夕べから、雪だ雪だとテレビも新聞も大騒ぎ。

そりゃ、関東だもん、毎年雪ぐらい降りますよ。

それを毎年毎年、何をそう騒ぐかなぁ。いい加減に学習しましょうよと、ちょっと呆れていました。



電車は無事に動いているようだけど、職場は何かと手が必要。いつもよりも早く家を出ることにしました。

靴は…うん、これにしよう。滑らないし温かいし、丁度いい。

パンツは…これかな?と手にしたのはベージュのコーデュロイ。これがスリムなんです。

先日書いたアンダーアーマーのタイツなんぞ履いてしまったら、もうこのパンツは着られません。

どうしようかなぁ。

でも、です。

街ゆく女性たちは、多分アンダーアーマーなんか着てません。薄いタイツで歩いているじゃありませんか。

「あの人たち、寒くないんですかねぇ。」と独り言を言うと、くまさんが答えました。

「おしゃれな人は我慢しているようですよ。ハイヒールで足が痛くても、生足で寒くても。」

そうなんですか?

私はそんな我慢はしたくないなぁ。だって、痛いのも寒いのもキライだもん。



でも、ふと思いました。

温かい服を着なれてしまうと、体は自分から温まる努力を忘れてしまうのではないかしら?

だから最近、つま先が一日中氷のようにつめたいままだったりするのではないかしら?

だったら、通勤の間だけ、ちょっと寒いのを我慢して、ちょっと素敵な格好をしてみたい!!

アンダーアーマーは持ち物にして、スリムなコーデュロイででかけました。



確かにちょっと寒い。

でも、耐えられないほどではないのです。

そうなんだぁ。

滑って転ばないように集中して歩いていると、けっこう体も温まってきて、とうとう一度も寒いと感じないまま、職場にたどり着きました。

我慢はあまり好きじゃないけれど、体が元気を思い出すなら、少しだけ寒いのを我慢してみようかなと思った出来事でした。



人気ブログランキングへ 

それにしても、この凍結を知ってか知らずか、ハイヒールで歩いている女性をたくさん見かけました。革靴で転倒するお兄さんも。状況に合わせる力も忘れたくないですね。