Win-Win

あなたも幸せ。私も幸せ。

ブログネタ
「自分を動物に例えなさい」どう答える? に参加中!

12月のある朝のこと。

口の悪い青年がやってきた。

開口一番「ババァ、今朝は昨日より老けてんなぁ。」



はぁ

ふざけるんじゃない。

君の口が悪いのは百も承知している。

うら若いとは言わないが、ババァ呼ばわりされる年でもないというのに、そう呼ばれることにちょっと慣れてきたのも腹立たしい。

だいたい、疲れの色濃く、昨日より化粧のノリが悪かったと自覚している女性に対して、そんなに的確に指摘することが許されると思っているのか?

その的確さがムカつくのよ。

こういうガキには、大人の世界のルールを教えてやらにゃならんな。

よし。



「あのねぇ、朝会ったらまず『おはようございます』でしょうが。

それに、私はババァじゃない。
名前を呼びなさい。
どうせ呼び捨てでしょうけど。

それに、『おはよう』より先に『老けてんなぁ』って何?
そんなこと言われたらどんな気がする?

『昨日より』と比較されてたら、聞いてる方も『そうなのかな?』って思っちゃうでしょう?

私の一日の始まりがどんよりして、今日はずっと暗い気分。

あ〜残念だ残念だ。

どうせなら、一日が明るい気分になるようなこと言いなさいよ。」



青年は真顔で聞いて、ちょっと考え込んだ。

ふふん。勝ったぞ。

反省しなさい。



「あのさぁ。」

「なぁに?」

「おはよう。」

「はい、おはようございます。」

「お前さぁ…」

「お前?

「お前、カピバラに似てんな。

「カピ・・・・」

「知ってる?」

「知ってる。でっかいネズミでしょ?世界一の巨大ネズミ。温泉入るヤツ。」

「うん。似てる。」

「……君ねぇ。……………………………カピバラ…」

「あ、カピバラはかわいいぞっ。うん、かわいい、かわいい。」

「そっか。確かに私もカピバラさんは大好きだ。まぁ、許してあげる。」

「よっしゃ〜



昨日、今年の仕事が始まった。

机に溜まった書類を分類しながらふと、あの朝のことを思い出した。

カピバラ親子奇妙に温かい、脱力系敗北感。

あ〜シャボテン公園に行きたい。





                                
2007.12.16撮影



人気ブログランキングへ

辰年


迎春。

新しい1年が始まりました。

Hikari地方はいつになく暖かいお正月で、ロングスカートに靴下で初詣に行ったけど、少しも寒くありませんでした。

あなたはいかがお過ごしですか?



凍りついていた頭が、少しだけ動き始めたようです。

何もしたくない、何も決められない、手際良くとか合理的にとかは一切できない、家にいる時間の8割は横になっていて、そのまた8割は眠っているという人生初のものすごい状況のまますでに10日が過ぎました。

どうしていいかわからなくて手つかずだった年賀状がようやく書けました。

今年は書けないかと覚悟していただけに、とっても嬉しい。

それが会心の出来なので、さらに嬉しい。

時期が来れば、こんな風に自然と動き出すものなのですね。



迎春。

この言葉に、今年はこだわりました。

謹賀新年でもなく、あけましておめでとうでもない。

私にとって今の状況は「賀」でも「おめでとう」でもないんです。

新年早々、ウソはつきたくなかったから。

春を、迎える。

命が芽吹く春を迎える。

今までのいろいろなことが肥やしとなって、新たな命が芽生える。

うん。

そのほうが、私には合っている。



あなたのご健康と幸せを、心からお祈りしています。



人気ブログランキングへ

このページのトップヘ